• Facebookのクリーングレー
  • Twitter クリーン グレー

Rina Kohmoto

Japanese pianist Rina Kohmoto has appeared as a distinguished collaborative artist and versatile musician. Her major experiences include CID-UNESCO World Dance Congress 2014 in Tokyo where she collaborated with dance and visual effects, Tokyo Eco-life Fair 2015 held by the Ministry of Environment of Japan, and chamber music performances in the annual concert held by TV Asahi, a major Japanese TV company, from 2010 to 2014. She has also participated in numerous recordings published from major labels in Japan as a pianist, vocalist and lyric writer. 

She is now based in Boston and continues to participate in a number of international collaboration projects.

香川県直島出身。高松第一高等学校音楽科卒。

早稲田大学中退後東京を中心に演奏活動を開始し、室内楽・オペラ伴奏、J-POPレコーディング・ライブサポート等ジャンルを問わず活動する傍ら、2015年公開の映画『クレヴァニ、愛のトンネル』では、主題歌ボーカリストを務める等多角的な活動を行う。

2015年秋、奨学金を得てボストンのバークリー音楽大学に留学。2018年5月同大学ジャズ作編曲科をオールAの成績で最優等卒業。

卒業後はレコーディング、ミュージカル、バレエ等の現場を中心に活動。2017〜2019年バークリー音楽大学サマープログラム講師を務める他、現在はオリジナル楽曲の制作と演奏を主軸に据え、ライブペインティングや落語とのコラボレーション等、活動の幅を更に広げている。2020年10月ミニアルバム”Haru”デジタルリリース。